コスガの家具が新たにスタートしました、メンテナンス&リペアを主に、オーダーメイドソファーの新製品もあります

ホーム > メンテナンス&リペア > 2016年3月

メンテナンス&リペア―2016年3月の記事

執務椅子

他社で製作された、社長用の執務椅子の総張替え修理が完了しました。
中身クッションを入れ直し、外側の革を張り直しました。
革は、特別にデンマークの世界最高級のタンナーより取り寄せました。 
弊社の家具作りのポリシーは、新品当初の出来上がりもいいですが、5年後、10年後 使い込んで行くと、座り心地、革の触り心地が、さらに良くなっていくよう行わせて頂いております。

3月9日(水)

ダイニングチェア PERDUEシリーズ

PERDUEシリーズのダイニングチェアの座面、背面の張り直し修理をさせて頂きました。
使用した布は、Dランク:ザックYEです。

3月4日(金)

5110 リクライニングチェアー

リビングのクッションの修理の中でも、特に多いのが商品名5110です。
但し、こちらのリクライニング機能付をご利用のお客様は稀です。リクライニング機構が付いた初期の椅子ですが、座り心地、寝心地は抜群です。
使用した布は、Dランク:ミナLBEです。

3月3日(木)

7251LDC、他社製アームチェア

7251LDCの座面の張り直し、他社製のアームチェアの中身クッションの交換をさせて頂きました。
座面の布は、Gランク:マークハムハウスクラレットです。柄の大きさ、色合いが程よく、こちらの椅子には大変良く合うファブリックです。

3月3日(木)

懐かしい籐家具

懐かしい籐家具の、クッションの修理が完了しました。約50~40年ほど前に作られていた籐の家具、私の祖父も愛用していました。
今では、中々見ることができない、ヴィンテージな家具ですが、新築のお宅にもデザインがぴったりと合っています。
座面クッションの下には、特許を取得した番号、当時のロゴマークの「K}があります。
使用した布は、Hランク:アルトBEです。

3月2日(水)

月別アーカイブ