コスガの家具が新たにスタートしました、メンテナンス&リペアを主に、オーダーメイドソファーの新製品もあります

ホーム > メンテナンス&リペア > 2016年2月

メンテナンス&リペア―2016年2月の記事

ダイニングチェア 

ダイニングチェアの座面の張り直しが完了しました。使用した布は、Fランク:リゲルBEです。
椅子本体は、小振りながら、背中の笠木がしっかりと分厚いので、体を優しく受け止めてくれる、座り心地のとてもいい椅子です。

2月29日(月)

リビングダイニングチェア 7251LDC

リビングダイニングチェア、商品名7251LDCの座面の張り直し修理を承りました。
修理前の座面は、布張りの皿張り仕様でしたが、マチ付(パイピング付)のソフトレザー仕様に新しくしました。

2月28日(日)

ソファー張り直し修理 BEHR

ドイツBEHR社と協力して製作された、3人掛けソファー、2人掛けソファーの張り直し修理が完了しました。
中身フレームの点検、補強、ウレタンをすべて入れ直し、布の張り直しを行い、木製肘の削り直し、再塗装を行いました。ほぼ新品同様に蘇りました。
3人掛けソファーは、横幅が230cmもあります。フレームを頑丈に作っているので、両肘のみでしっかりと支えて、フレームを宙に浮かせたデザインでも、座ってフレームが撓むことがありません。

2月24日(水)

他社製リビングダイニングチェア

他社で製作された、リビングダイニングチェアの革の張り直し修理が完了しました。
中身のウレタン、白綿をすべて新しく交換し、外側の革をイタリア製の本革に張り直しさせて頂きました。
オリジナルのテデザインに合わせて、革を少しルーズに張り込み、ゆったりした座り心地に再生しています。
脚に曲木のフレームを使っているので、座った時に、弾力があり、食事にも、ゆっくりお茶を飲んでも、長時間お掛け頂いて、疲れない椅子に復活できました。

2月23日(火)

籐製 アームチェア&ラブソファー

籐製の一人掛け、二人掛けの 背中の籐張りの張り直し、座面クッションの製作を行わせて頂きました。使用した布は、Gランク:マークハムハウスクラレットです。
今では、なかなか太い籐がとれず、籐の家具は貴重になっています。
是非、修理、メンテナンスをご相談下さい。
クッションの製作、籐革の巻き直し、背面籐の張り直しなど、籐専門の職人が作業させて頂きます。

2月20日(土)

リージェントハウス 1440DC

リージェントハウスシリーズのダイニングチェア、1440DCの背面籐の張り直し、座面中身ウレタン、座面の布の張り直し修理をさせて頂きました。

2月18日(木)

ダイニングチェアー 1182DC

ダイニングチェア 背面籐の張り直し、座面中身ウレタン、布の張り直し修理をさせて頂きました。1月、2月と、この型の椅子の修理が増えてきています。カントリー調の布:ミニュエットが椅子のデザインにぴったり合いました。

2月17日(水)

肩肘ソファー 張り直し修理

お客様のご依頼により、本体のカバーはそのままに、座面、背面、肘クッションのみ張替え修理をさせて頂きました。こちらのソファーは、カバーが外せるタイプのソファーではなかったので、本体を弊社 渋川工場へお預かりさせて頂き、張り直し修理をさせて頂きました。使用した布は、Dランク ザックYE イタリア製の布です。

2月16日(火)

ソファーカバー 4475SA

商品名:4475SA ソファーのボディ(本体)カバー、クッション(座面、背面、肘)カバーの製作をさせて頂きました。今まで 長い間に製作した、ほとんどのソファーの型紙を保管しているため、お客様より何もお預かりせずに、オリジナル通りのカバーの製作が可能です。

2月14日(日)

ダイニングチェア

ダイニングチェアの背面籐の張り直し、座面の中身ウレタン、外側カバーの張り直し修理が完了しました。使用させて頂いた布は、モケットの赤です。座面下の鋲がデザインの特徴になっていますが、この鋲打ちの作業に根気と時間がかかります。

2月10日(水)

(2)12

月別アーカイブ