コスガの家具が新たにスタートしました、メンテナンス&リペアを主に、オーダーメイドソファーの新製品もあります

ホーム > メンテナンス&リペア > 2015年10月

メンテナンス&リペア―2015年10月の記事

リビングダイニングチェア 5540LDC

カントリーシリーズのリビングダイニングチェア、商品名5540の座面、背面のクッションを新調させて頂きました。使用した布は、Fランク:レアドBU 細かいチェック柄のイタリア製の布です。ご自宅のリフォームに合わせて、家具の修理もさせて頂きました。ネイビーのカーテン、フローリングと素敵にマッチしています。

10月31日(土)

ダイニングチェア イタリア製

イタリアより輸入された、ダイニングチェアの座面、背面の籐の張り直し修理をさせて頂きました。どちらの国の物で、どこのメーカーの物でも、どんな形の籐でも修理可能です。ご相談下さい。

10月30日(金)

ダイニングテーブル

ダイニングテーブルの天板の削り直し、再塗装を行わせて頂きました。楢材の寄せ木テーブルの表面を薄く削り、傷、熱いものを置いて出来てしまった、輪染みなどを取り、きれいに磨き直して、日数をかけて再塗装していきます。ピカピカの天板になり、お客様にご満足頂きました。納期は約3週間です。

10月29日(木)

ダイニングチェア 1085DC

背中の籐の張り直し、座面の革の張り直しをさせて頂きました。牛革は、ご注文頂いた後、イタリアへ注文を出し、約一週間で入荷して参ります。

10月28日(水)

アームチェア、スツールの修理(他社製)です。

布の張り直し、中身ウレタンの総取り替えが完了した、他社製のアームチェア、スツールです。使用した布はトーレのエクセーヌです。通常、弊社では使用しない布ですが、お客様のご要望に応じて取り寄せ可能です。

10月27日(火)

ソファーカバー 5th Ave 5950ソファー

5th Ave シリーズのソファーです。肘まで張りくるんでいるソファーが多い中、肘の部分に木製のしかも編んでいる薄い木を使っている、コスガらしい特徴のあるソファーです。今回は、座面のカバーと中身ウレタンを新調させて頂きました。使用した布は、Dランク ブロッキーIVです。

10月24日(土)

リビングダイニングチェア 7251LDC

7251LDCの背中の籐の張り直し、椅子本体の組み直し、座面の張り直しをさせて頂きました。背中の籐は、全面を交換して、フレームと同じように塗装しています。組み直しは、椅子を一度バラバラにして、時間をかけて再接着、〆直しをします。座面は、中身ウレタン、カバーを新しくします。今回、使用した布は、モケットのグリーンです。こちらの7251LDCという椅子は、特に修理の多い椅子で、毎月50脚ほど、修理させて頂いております。

10月23日(金)

ダイニングチェア(他社製)椅子の修理

広島のマル二社製の椅子の修理を承りました。シンコーレザー社のソフトレザーを使用しました。ソフトレザーは、種類、色数が多いため、ホームページに掲載しきれておりません。輸入でも国産でも、どこのメーカーの椅子でも、弊社の技術力の高い職人は丁寧に直します。是非、ご相談ください。

10月22日(木)

リビングダイニングチェア 7251LDC

修理が完了し、納品させて頂きました、7251LDCです。弊社の中では、一番修理の多い椅子です。使用した布は、サンゲツ社のUP2483です。採用したばかりの布で、まだホームページには掲載できていない布です。小花柄が、椅子のデザインと絶妙にマッチしています。日本とドイツを橋渡しなさっている、御家族にご愛用頂いております。

10月21日(水)

カウチソファのフルメンテナンス

工場でフルメンテナスが完了したカウチソファーです。今までは、ファブリックのカバーリング仕様だったものを、ソフトレザーの張り込みタイプに変更しました。中身のウレタン、綿などすべて入れ直したので、新品同様に蘇りました。元気な3人のお子様がいるので、連結部品もプラスチック製から、頑丈な金物へ変更しました。

10月20日(火)

(3)123

月別アーカイブ